ロゴ

不動産物件を売るコツはホームステージングの活用

>Topics>不動産物件を売りたいなら内覧に全てが懸かっている

不動産会社と媒介契約を結ぼう

不動産売却をするためには、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。仲介をお願いするにあたり、媒介契約を結ぶことになりますが、その媒介契約には3つのタイプがあります。媒介契約によって、提供してもらえる仲介サービスの内容が異なりますので、しっかりと特徴を把握したうえで、どのタイプの媒介契約にするのか決めましょう。

媒介契約の種類

  • 一般媒介契約
  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約

不動産売却は不安がたくさん

不動産物件を売却する機会はそうそうないので、不安に思ったり様々な疑問を抱きます。そんな方に向けて、疑問に思いがちなことをピックアップしたので参考にしてみてください。

不動産売却に関するQ&A

男の人と女の人

不動産売却する手段はどのようなものがありますか?

一般的な売却の他に、任意売却と競売という方法があります。任意売却は、住宅ローンの返済が難しい時に債権者の許可をもらい、不動産会社などの仲介者を介して売却する方法です。競売は、住宅ローンの支払いが滞った際に、債務者が裁判所を介して不動産物件を差し押さえて、強制的に売る方法です。

売却を決めた場合引越してから売り出さないといけないですか?

決してそのようなことはありません。物件が売れるまで住み続けている方もいらっしゃいます。この場合では、物件見学の希望者が現れた時、事前連絡をしたうえで担当者立ち会いのもと内覧をすることになります。

要らない家具や家電があるのですが処分しないといけないですか?

原則的には、引き渡す前に不用品は処分しておく必要があります。不用品を引き取ってもらえる業者はたくさん存在していますので、売買契約を結びましたら早めに業者へ依頼して処分しましょう。

不動産物件を売りたいなら内覧に全てが懸かっている

つみき

ホームステージングを利用してイメージを良くしよう

早めに不動産売却をしたいなら、ホームステージングの活用をオススメします。ホームステージングは、売りたい物件にインテリアをコーディネートして、購入希望者に好印象を与えることを目的としたワザです。このホームステージングをすることによって、その物件に住んでどのような生活になるのか購入希望者がイメージすることができます。具体的なイメージができることによって、購買意欲がかきたてられますので、結果的に早く売れる可能性が高くなるのです。